上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
正月に実家で発見した20年くらい前の釣りサンに、カレイの生態に関する記事が掲載されてました。

以下、周防灘のカレイに関する論文より(イシガレイ3274尾、マコガレイ11366尾の標本から採集)

マコガレイの雌が産卵のため縄張りをうろうろしている。
1尾の雄がきて雌の上に乗り体を微動させ、激しく圧迫すると雌は一部の卵塊を放卵して少し上昇する。
雄は放精しながら追尾して、また雌をおさえるように乗って体を微動させる。
何度も何度も繰り返して、すべての卵を放出する。
海の中では雄と雌がペアになって、こういうシーンが繰り広げられている。

イシガレイの理論極限値は雌で701ミリ、雄で295ミリと倍以上も大きさが違っている。
瀬戸内のカレイは成長が遅く、イシもマコは全長で雌が300ミリを超えるのに満5年かかり、釣っている魚が幼魚だと思っても、その大きさになるまでに何年もかかっているものが多い。

平均的には雌が多いのだが、一部で雄が多い時期がある。
岸和田の一文字でクリスマス前後には雄がほとんどになる。
銚子近海のイシガレイの論文で、月ごとの性比を調べると平均して70パーセント前後と雌がやや多い。
しかし、1月~2月には20~30パーセントと産卵期から産卵直後にかけて雌が極端に少なくなるそうで、北海道余市沿岸の産卵期の漁獲調査でも雌が20パーセントだったという報告があるそうです。
産卵期に、雌雄で行動が違うのではと推定されている。
ただ、周防灘の論文の考察のところにも、イシガレイは成長の良い個体や大型個体は、より深所に生息し季節的に顕著な深浅移動が認められるから、群の分布範囲を正しく把握することが重要と書かれている。
カレイは、群ごとに産卵場が違い、また雌雄ちがう振る舞いをする可能性が濃厚にあるようだが、群をきちんと追いかけて総合的な研究がされたことはないらしい。

身近な魚でも海の底で起こっているドラマは簡単にはのぞけない。
広い海の中で、どこからともなく雌と雄が集まってきて繰り広げられている産卵。
健気に生きているカレイに思いを馳せ、暖かく見守りながら釣りを楽しんでいこう。
そして大ガレイを釣ったら、それまでの年月も思いやって欲しい。


と、結ばれています。

薄っすらと読んだ記憶が蘇りました。

大ガレイはよう釣りませんが、釣れた時は“健気に生きているカレイに思いを馳せ、それまでの年月も思いやって欲しい”って・・・なかなかちゃいます~。

そやけど、岸和田周辺の理論限界値を超える40センチ近い♂マコは説明できてません。

7歳を超えるとカレイの耳石がぼやけてきて年齢不詳となるようですね。

いずれにせよ10年物には違いないようです。

さて、休日の朝からのは不健康やし、所用もあるのでちょこっと島へ渡ってきます。

なんも釣れんやろなぁ~。

にほんブログ村 が釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011.01.29 Sat l 生態系 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ちきりアイランドってご存知ですか?

DSCF2199_convert_20110115120558.jpg

先日、貝塚に釣行した際、ちょこっと覗いてきました。

何年もご無沙汰してる間にえらい変わりようです。

貝塚人工島の北側、ちょうど岸和田沖の一文字が埋め立てられ出来るのがコレらしいです。

西(沖)向きの側面が岸和田沖一文字です。

橋も渡れるようになってたんですね。

沖一方面です。

DSCF2200_convert_20110115120455.jpg

2メーターくらいのサクが海側全面に張り巡らされてますが、若者たちはスッとジャンプして乗り越えてはりました。

DSCF2202_convert_20110115120229.jpg

予想図からすると沖向きは公園になるようです。

何時くらいから開放されるんでしょうね。

現在の工事進行状況ちきりアイランドの野鳥

にほんブログ村 が釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2011.01.17 Mon l 情報 l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨年、義兄が亡くなり先日49日法要も終わりました。

本来であれば忘年会・正月・新年会・えべっさんと、何かとつるんで酒を飲み交わしてましたが、年末年始は寂しい限りでございました。

正月は兄貴の分まで飲んだため肝の臓も少々疲れ気味。

ちょと肝数値が心配ですわ。(また4桁あるかもせめてフィーバー777までやったらええんですが

でもね、これからは摂生に努め兄貴の分まで頑張って行かんとね・・・。



さて、本日は土曜日ですがお昼から仕事のため、朝イチ3~4時間勝負に行ってきました。

docomo.jpg

懲りもせず、諦めもせず、釣れもせずの貝塚です。

天気予報もアテになりまへん。

強い西よりの風に雨が降ってきたため早々と撤退です。

やっぱり終わってましたね。

あ~、次は鳥取かなぁ。

まだ間に合うやろか?



正月、実家で本棚を見てたら懐かしい「釣りサンデー」やら「つりの友」やら「関西の釣り」が10数冊出てきよりました。

みなワテが投稿し掲載された、くだらん釣果写真やポイント情報や釣行記ですわ。

小学生の頃より、宝物のように保管してたのでほとんど折り目も入ってまへん。

古いやつは30数年前の代物です。

今回の釣行先も17、8年くらい前に投稿してました。

009_convert_20110113193252.jpg

保存状態もすこぶるええです。

007_convert_20110113193101_20110114163437.jpg

確かココ、この数年くらい前が凄まじかった。

お一人20枚のお持ち帰りなんかザラでしたね。

よう釣れたなぁ~。

当時はまだ公園整備がされてなく、重い釣り道具担いで山あり谷ありの泥んこ工事現場2キロくらい歩いたような・・・

ほんまアホでっせ!

あっ、当時行ってた方すんまへん。

でも古い雑誌を読み返してたら、釣法が進化する過程って面白いっすね~。

●カレイ仕掛けはアピール度を高めるため、ハリス部分に赤のゴム風船を短冊状に切って結ぶとか・・・

ん~、当時これは仕掛けがよく絡むんで1シーズンで止めました。

●遠投する際、なるべくラインとガイドの抵抗を少なくするため、直径10センチくらいの大口系なるガイドが一斉風靡したりとか・・・

この並継ぎ竿、実家でまだ2本眠ってました

●ゲイラカイト(凧)を飛ばし、タコ紐を伝って昇る動力で投げ仕掛けを遠くに着水させるとか・・・
 
これ釣り?なんかの実験?陸向きの風やったらどうするんやろ?

まぁ~、みな夢あって当時はゾクゾクしてました。

読んでいてチト釘付けになったのが、♂と♀カレイの生態と成長に関する興味深いデータでした。

長年の時間を掛け、何千という個体を調査したデータです。

大変参考になりましたので、この次ご紹介致しやす。

にほんブログ村 が釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2011.01.15 Sat l 日記 l コメント (4) トラックバック (0) l top
二日前、3日にご同伴でちょこっと行ってきやした。

貝塚人工島です。

6時前に到着しましたが無料駐車場には約20台くらいの車が停まってます。

いや~な感じしましたが案の定ですな~。

プールは西も南もギッシリ。

腰の状態もイマイチですが、バックして前回釣行時に良く釣れていたテトラ帯で釣り座を構えました。

042_convert_20110105212455.jpg

正月早々、ゴミ箱横とはねぇ~

でもね・・・

波止の段差、テトラの並び方見たら、腰に負担少ないのはここしかありません。

前回28日は型揃いでしたが、二日後の30日に釣友から7枚上げたとの連絡ありましたが、みな手のひらサイズやったとの事・・・

難しいですね~。

2、3日で状況がガラッと変わりますから・・・。

この日、夜明けからキョロキョロとプール方面見てましたが釣れてる様子は全くおません。


結果から申しますと、午前11時前くらいまで波止の隅々見て回りましたが、確認できたのはこまいカレイは3枚のみ。

何十人の投げ師の方々とおそらく百本以上の投げ竿を、賢い♂マコはすり抜けて行きよりましたわ~。

もう終わりでっか?

いえいえ、毎年これでごまかされてるんですが・・・

また次の潮回りで、お祭り来ることがあるんですね~。

ので、一週間以内にもう一丁!

頑張ってみます。


遅れましたが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

にほんブログ村 が釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
2011.01.05 Wed l 釣行記 l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。