上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
泉佐野食品コンビナートの沖一文字との水道部です。

気合の入った釣行でしたが、当日は強風でコレばかりでした。

4~5月頃が最もよく、毎年40センチオーバーも上がっています。

私は去年の同時期に、35センチのイシガレイ(ここではめずらしい)を上げています。

P506iC0005308690.jpg



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2007.02.28 Wed l ちょい投げ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨年12月23日岩屋漁港の港内波止ちょい投げポイントにて・・・

38.5センチ、35センチのカレイを釣った時・・・

たまたま居合わせた関西の雄、 「関西のつり」岳洋社の取材と遭遇しました。

まさかアップされるとは思いませんでしたが、3月号にしっかり写真入りで掲載されていました。

最初のカラーページの、「淡路・岩屋のアイナメ」に詳しくポイントが載っていますので参考にしてください。

岩屋漁港には、ここ以外にもちょい投げポイントが多数存在しますで追ってご紹介します。


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

2007.02.22 Thu l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
 P506iC0004129026.jpg


私が投げ釣りを始めたのは、小学校5年生の頃でした。

当時、一回の釣行で親からもらったこづかいは千円

往復の電車代が300円

エサ代が300円

弁当(お菓子)代が400円

ということで、当時の一文字渡る渡船料を捻出することが困難であった私は、「岸和田一文字で、カレイ一人30枚」なんて記事を見ても、ただ指をくわえて見ているしかありませんでした。

当時、岸和田一文字周辺でカレイが爆釣しだすのが12月初めの頃(暖冬の影響で現在は下旬以降になることが多い)で、そのほとんどが白子を飛ばすオスが中心です。

まず、カレイの生態系について・・・。

瀬戸内海のカレイは、通常10月頃より卵を持ったメスが浅瀬に接岸を開始し、波や潮の影響の少ない藻場に卵を産み付けます。

岸和田周辺の場合は、12月頃からパラパラ釣れるのがこの卵を持ったカレイです。

遅れて12月後半から、メスが産み付けた卵をめがけて大挙押しかけてくるのがオスのカレイです。

これが、いわゆる岸和田の「クリスマスカレイ」です。

このオスカレイの釣れる時期は、その年により違いはありますが、おおむね10日間です。

その10日の間にも変化があり、初期のカレイは白子を飛ばしませんが、ピーク時(2~3日)は釣り上げた瞬間にピッピ・ピッピと白子を飛ばします。

10数年前、貝塚人工島プールの堤防に釣行した時のことです。

自己最高記録である26枚を釣り上げ・・・

釣友二人で40数枚のカレイをビクに入れ生かしていたところ、ビク周辺の海面を見てびっくりしました。

そうです、海面がカレイの白子で真っ白になっていたです。

カレイのちょい投げに欠かせないことは、メスが卵を産み付ける藻場を見つけることと、その時期を逃さないことにあります。

岸和田周辺のカレイの場合、局地的に一箇所のポイントに集中して釣れることが多い。

例えば、関西国際空港橋脚下のカレイポイントは、約30メートルのごく限られた範囲だけでよく釣れるが、そのポイント以外では全く釣れていないことがよくあります。

私がよく通う貝塚や泉佐野周辺も、全くこれに当てはまります。

ちょい投げ専門の私にとって、この藻場が見つかるかどうかでその日の釣果が左右されるのです。
 
私の好きなカレイのポイントは・・・

淡路島は由良・新川口港内、仮屋漁港荷揚場前の港内、岩屋フェエリー乗り場周辺の港内など。

明石周辺では林崎魚港内、明石漁港内の小波止、平磯海釣公園など。

そして♂マコに限っては、貝塚人工島、泉佐野佐野食品コンビナートなど。

全て10~30メートルのちょい投げポイントです。

藻場は年々微妙に変化しますので注意深く見ることが必要です。

雄と雌では成長差があり雌の方が成長は早く、寿命は10~12年といわれています。

マコガレイのオスは、通常8年かけて30センチぐらいに成長します。
(メスは6年で40センチくらいになるそうです。)

でも、ここ(岸和田)のカレイの最盛期には、30センチを超えるオスがよく混じることがあります。

おそらく「10年物」ではないでしょうか。

岸和田周辺で、この時期「つ抜け」するためには・・・

①12月に入れば、メスカレイ抱卵状況を正確に知る。(1週間後にはオスが大挙押し寄せる。とは言っても、毎年そんなに時期はずれません。)

②卵を産み付ける藻場を正確に知る。(場所により違いはありますが、大抵は沖合い20メートルくらいの捨石と砂地の境目に藻場があるらしい。)

③ハゼがよく釣れるポイントに入る。(地元の漁師さんに聞いた話ですが、カレイの産卵する藻場には必ずハゼが卵を捕食しているらしい。事実この時期、口や胃部に卵いっぱいのハゼを何度か釣っています。この周辺だけに当て嵌まるのかもしれませんが・・・。)

④時間帯は、夜明け後の2時間に集中する。また、これはあまり知られていませんが、この周辺のカレイは日没後2時間ぐらいの夜釣りにも良く釣れます。(寒いのが難点ですが、釣友のひとりはこれにはまってます。)

以前、貝塚に釣行した時のことですが、釣っていた海面の斜め前が急に黒くなり、なんと海坊主が出現しました

よく見ると、真っ黒のウエットスーツを着た漁師らしき人でした。

朝の2~3時間、潜ってナマコを取っているそうです。

その方にいろいろ話を伺うと、この周辺海域の底は砂地が殆ど無く、海底50センチぐらいが泥状になっているため、仕掛けを沈めることよりも浮かせる工夫をしたほうが釣果に繋がるんじゃないかとのことでした。

また、花見の時期(4月よりも5月頃)もバタバタ釣れることもあります。

が、捨石際のちょい投げ師なので、ポイントのバラける春はあまり釣行しません

にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

2007.02.15 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
これは一昨年12月に起こった出来事です。

会社のメンバー4人で、淡路島の明石海峡大橋下、道の駅裏の波止へカレイを狙って釣行したときのことです。

当日、風も無く穏やかな天気で絶好の投げ釣り日和でしたが、3時間たっても全くアタリがありません。

テンションも全く上がらないまま1時間、2時間と時間だけが経過していきます。

今日はもうアカン!私はあきらめ帰り支度を始めますが、釣りキチN平さんの眼は血走っています。

そうです「釣るまで帰らんゾ!」の目になってます。

私は諦め、近所の売店にしけ込みます。

あったかい食事をとった後、釣り場への帰り道に魚屋の水槽をのぞと、そこには40センチを超えるカレイやアブラメがところ狭しと泳いでいるではありませんか。

子供の頃からのいたずら好きの血が騒ぎます。

この40センチを超えるカレイをほかの誰かが釣ったとしたら、沈滞ぎみのN平さんのテンションは↑↑↑間違いなしです。

まず、後輩のA君を指名し、生きたままカレイを購入→仕掛けの針にカレイをがっちり掛け海に放り込む→5分後、大声で「重い!重い!」と言いながらリールを巻く→40センチを超えるカレイが釣れる→それに続き、こんどは私にあらかじめ購入しておいた40センチを超えるアブラメが釣れる→N平さんテンション↑↑↑→30分後、A君が紙に書いた「ドッキリ」かざしてチャン!チャン!(笑)

しかし、事はうまく運びませんでした。

A君がカレイを釣り、N平さんテンション↑↑↑までは順調でしたが、そこでアクシデントが発生しました。

なんと、A君がカレイを釣る名演技中?すぐ近くでN平さんのお兄さんが釣りをしているではありませんか。

私はA君を呼んで作戦会議を始めます。

「このドッキリ企画に兄弟も巻き込んでしもたなぁ。」

少し反省です。

しかし、つぎの瞬間です。

「ほおー、ええカレイ釣れたなぁ」と初老の夫婦から声がかかります。

振り返った私の背筋に電流が走ります。

なんと、N平さんの奥さんの両親だったのです。

N平さん、本日近くのホテルにて家族で宴会や~ちゅうのん完全に忘れてました

再びA君と協議し、家族を巻き込んだドッキリは精神衛生上よくありません。

また、A君はN平さんの同じ課の直属の部下なので、もしこのことがばれたら会社に居づらくなると申しますので、このまま二人の生涯の秘密にしようと決めました。

ごめんなさい。

しかし、その後N平さんの頭には激流のこの場所が大型カレイの好ポイントとしてインプットされたらしく、同ポイントに年2~3回連れて行かされていることは言うまでもありません。(汗)


にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

2007.02.09 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久々のホームグランド。

北側のドラム缶や南側のテトラ帯が人気だが、この時期一番釣果が安定しているのが港内なのだ。

食いは渋かったが、何とか一枚ゲット。

当然ここも、20m前後のちょい投げポイントだ。

P506iC0004718849.jpg



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

2007.02.03 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。